2012年8月号訂正・補足

皆様こんにちは。残暑お見舞い申し上げます。

 

遅くなりましたが、8月2日にお送りしたメールマガジンの内容に

誤り、補足の必要がありますので、再度お送りさせていただきます。

 

******************************

【記事7】社会保険の加入

******************************

1.適用事業所について

(誤)

 ・士業、宗教法人など、一部の業種を除いて法人であれば必ず加入。

(正)

 ・法人企業は社会保険を必ず適用。

 ・士業や宗教組織などが非適用なのは個人事業所の場合。

 

2.社会保険適用の3/4基準について

こちらに関しては訂正と補足説明をさせていただきます。

実際の適用に関しては次の通りです。

 

正職員の3/4基準というのはよく知られていますが、実際は所定

労働時間および所定労働日数の「おおむね」3/4で、これも根拠

についてまではよく知られていないでしょう。

 

実際に規定されているのは法律の条文ではなく、また通達でもあ

りません。それよりも弱い「内翰(ないかん:私信、手紙)」で

決められているだけです。(「内かん」と書かれる場合もあります。

下記リンクを参照。)

 

この内翰文書では、常用的使用関係の有無を1番に持ってきて、

その目安として「おおむね」3/4が規定されているにすぎません。

「おおむね」ですから、30時間未満であれば必ず非適用というわ

けでもなく、逆に30時間以上だから必ず適用というわけでもあり

ません(2か月以内の雇用契約など、別の要件で除外になる場合は

もちろん対象外です)。

 

******************************

【記事8】健康保険・厚生年金保険の月額変更(随時改定)について

******************************

3.社会保険の月額変更届について

「【記事7】のケースですと、試用期間が終了した月の翌月から3か

月経過した4か月目から改定になります(算定基礎届の時期と重な

る、標準報酬等級の変更幅が1等級以下の場合などの例外はありま

す)。」

と先日のメールに書きました。

 

(誤)

 ・算定基礎届の時期と重なる場合(例えば4,5,6月に3月以前から

  2等級以上の大幅な変更)は月額変更届不要。

(正)

 ・算定基礎届の時期と重なる場合でも月額変更届は必要。

 

******************************

【参考サイト】

******************************

日本年金機構の該当ページ(適用事業所と被保険者)

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1962

 

厚生労働省 法令等データベースサービス(短時間就労者に係る

全国健康保険協会管掌健康保険及び厚生年金保険の被保険者資格

の取扱いについて〔厚生年金保険法〕)

・この中に、内翰文書や、平成22年の国会質問に対する答弁など

が記載されています。

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=16428

 

初歩的なミスで、皆様には大変なご迷惑をおかけしたことをお詫び

いたします。

また、これら以外にも指摘を受けておりました。ご指摘いただいた

皆様方、本当にありがとうございました。

私自身も勉強不足を痛感し、日々の精進の必要性を感じました。

 

ホームページでの公開は既存の号を含めて一時的に停止しています。

訂正が終わりましたら再度公開いたします。

 

暦の上では秋になりましたが、まだまだ暑い日が続きます。

皆様方におかれましても体調管理には留意してお過ごしください。

 

今後ともよろしくお願いします。

(2012/8/7)