2013年5月号(創刊第13号)

皆様、いかがお過ごしでしょうか。奈良市で社会保険労務士事務
所を開業している小野啓一です。いつもお世話になります。この
メールは以前名刺交換をさせていただいた方を中心に昨年5月号
から月刊で発行させていただいており、今回から2年目のスター
トです。お役に立つ情報を提供するように努めていきますが、居
住地、年齢、性別、職業など様々な方にお送りしているのと、字
数の制約などですべての方を満足する情報提供ができないことを
ご了承ください。

6月2日に、奈良市内で無料セミナーを実施する予定です。
(下記【講師実績・予定】参照)。

メールのコラムについては、この4月で変わったことを2本お届
けします。今月の1本目は、本メルマガ初の助成金ネタで、業界
で話題の「若者チャレンジ奨励金」、2本目は「平成25年度の
社会保険料率」、について取り上げます。また、私が持っている
ホームページにも、同じ内容の文書を上げて、過去のものをいつ
でも閲覧できるようにします。

今回初めての方は、突然のメールで申し訳ありません。今後、不
要の場合は下記のリンクをクリック、又は(会社→個人、携帯→
PC、等の)アドレス変更される場合は、返信で連絡をいただけ
れば次回から申し出の通り対応いたします。また、近日中にメル
マガシステムの変更を予定しています。

*****************************
 【記事25】若者チャレンジ奨励金について
*****************************
社労士業務の大きな柱に、助成金請求代行業務があります。名称
は、助成金、奨励金、補助金、支援金など様々ですが、社労士の
場合、ハローワークの助成金がメインになります。雇用保険事業
の一環として行っている以上、雇用保険の対象者(週20時間以
上勤務)の方に対する企業への補助という位置付けになります。
普段から改廃が激しいのですが、今年4月1日から大幅に制度が
変わりました。その中でも、表題の助成金について取り上げます。

昨今の多くの企業は、人件費削減で、正規(期間の定めのないフ
ルタイム)雇用者を採らなくなる傾向にあります。そうなると、
不安定で職場の定着率も悪く、せっかく育成してもその投資が無
駄になってしまうことも多いでしょう。そのために、国を挙げて
非正規雇用者にきちんとした教育育成を行い、定着率を高めるた
めに設立したのが本助成金です。ジョブカード制度を取り入れて、
社員待遇の有期雇用採用をした従業員に研修を行うなどの要件は
ありますが、OJT、OFF-JT期間中は月15万円、正規雇
用後1年目に50万円、2年目に50万円と、金額も大きいため、
社労士業界でも話題になっています。詳細は労働局、ハローワー
ク、商工会議所などにお問い合わせください。

参考までに、厚生労働省のサイトを示します。
(若者チャレンジ奨励金について)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/challenge/
(ジョブカードについて)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/job_card01/

*****************************
 【記事26】平成25年度の社会保険料について
*****************************
社会保険料(ここでは、労災、雇用、健康保険、国民年金、厚生
年金などを総括してこう呼ぶ)に関しては、9月分から改定にな
る厚生年金保険料など一部を除いて、毎年4月分から改定される
ものが多いです。平成25年度は据え置かれたものが多く、ここ
数年に比べて変化の少ない年度始めだったと言えます。

労災保険、雇用保険、健康保険料(全国健康保険協会):
 基本的に改定はありません。
健康保険料(各健康保険組合):
 組合によって異なります。
国民健康保険料、後期高齢者の健康保険料:
 各市町村、都道府県によって異なります。
国民年金保険料(第1号被保険者の月額):
 14,980円 ⇒ 15,040円
公的年金給付額:
 物価が前年と変わらなかったことから、基本的に改定はありま
 せん。但し、平成25年10月から3回に分けて、国民年金
 (基礎年金)部分を2.5%引き下げることが決まっており、
 これによって10月から1%引き下がる予定になっています。
 12月15日振込分から実際に影響してきます。改定があった
 場合は、その都度、日本年金機構から郵送で案内が届きます。

参考までに、厚生労働省、協会けんぽのサイトを示します。
(保険料額について(労働保険、健康保険))
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken21/
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h25/1992-119695
(年金支給額について)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002tg08.html

*****************************
なお、誤りや指摘事項を発見した場合はお知らせいただけると助
かります。また、最善の注意は払っていますが、無料提供である
以上、本メール及び事務所サイトのみを信じて損害を被った場合
でも、賠償責任には応じかねますのでご了承ください。
*****************************

*****************************
【講師実績、予定(一般向け)】
*****************************
過去の実績は、弊事務所サイトをご覧ください。
http://www.onosr.jp/セミナー実績/

6月2日(日) 奈良県立図書情報館 13:30~15:00 予定
 「社会保険料決定のしくみと対策」
 ~会社経営者、従業員ともに知っておきたい大きな負担~

※奈良県立図書情報館のブログ、弊事務所サイト、個人のFac
 ebookなどでご案内します。

*****************************
【5月の社会保険手続きカレンダー(主なもの)】
*****************************
10日 ・一括有期事業開始届(概算保険料160万円未満かつ請負
    金額1億9000万円未満の工事)
   ・源泉徴収税・住民税特別徴収税額の納付(事業主)。
月末 ・健康保険・厚生年金の保険料納付(事業主)。
   ・年金受給者の現況届(誕生月の者。住基ネットで現況確
    認ができない場合。)
   ・自動車税の納付、3月決算法人の確定申告など。(税務)

以上です。最後までお読みいただきましてありがとうございまし
た。春らしくなって暖かくなってきました。皆様方におかれまし
ても、健康第一でお過ごしください。来月もよろしくお願いしま
す。