2015年1月号(創刊第22号)

明けましておめでとうございます。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。奈良市で社会保険労務士事務
所を開業している小野啓一です。ここ半年間発行できませんでし
たが、新年と暑中見舞いの時期には出そう、と考えて、この二回
だけは継続していきます。

現在は年金事務所等での年金相談業務を中心に行っています。週
3~4回程度入っていますが、あくまでも本業は別なので、ここ
から得たものを皆様に情報提供し、次に生かしていくことを考え
なければなりません。もちろん守秘義務はありますので、それを
守ったうえでの提供ですが、セミナー等を通しての情報提供を通
して還元するように心がけています。

また、業務多忙により、選択制確定拠出年金の業務は実質停止状
態ですが、公的年金給付抑制を考えると、始められるところは始
めるというスタンスで行きたいところです。

このメールは以前名刺交換をさせていただいた方を中心に201
2年5月号から配信しています。今後は年2回の配信とします。

メールのコラムについては、今回は1本目は「マイナンバー制度」
について、2本目は「年金と税金」についてお届けします。近日
中にセミナーを予定しているものです。

今後、不要の場合は下記のリンクをクリック、又は(会社→個人、
携帯→PC、等の)アドレス変更される場合は、返信で連絡をい
ただければ次回から申し出の通り対応いたします。

*****************************
【記事39】マイナンバー制度
*****************************
国民総背番号制の一環で行われる制度ですが、今年10月から国
民全員に番号を採番して通知し、来年1月から導入が始まります。

年金相談をしていても、戸籍、住民票、所得証明といった書類が
必要であり、しかも細かいことまで要求されて、何度も手間を掛
けされる結果になることも少なくありません。

但し戸籍に関すること、財産に関することなどは管理できません。
住民票や所得証明に関することのみなので、完全になくなるわけ
ではありませんが、現在の住基ネットによる住民票コードに比べ
れば、使い勝手は格段に向上します。

生活保護問題に関しても(法改正は必要ですが)不正受給撲滅に
一定の効果があると考えられます。

扶養に関する問題もあったりしますので、企業でも対応が必要な
のは言うまでもありません。本人だけでなく、扶養家族の番号も
併せて企業に提供することになります。

年金の手続き等で生きてくるのは平成29年以降にはなりますが、
その時には改めて案内があるはずですし、セミナー等でも講師を
行うようにします。

個人情報保護に関しても強化されます。私のように個人でコンサ
ル業務を行っている場合でも、大企業並みの規制が適用になる可
能性も高く、その点は注意が必要です。

内閣府の関連サイトです。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

*****************************
【記事40】年金と税金
*****************************
社会保険としての給付は基本的に非課税ですが、唯一所得税・住
民税の課税対象となるもの。それが、老齢・退職の名称がつく年
金です。

老齢年金の受給者には、毎年10月下旬に「扶養親族申告書」、
1月中旬に「源泉徴収票」が対象者に送付されます。今年は1月
13日から1週間かけて順次お送りしていきます。

前者は、65歳未満の方は年108万以下、65歳以上の方は年
158万円以下であれば送付されません。後者についてはその年
に受給がある人にはすべて送られます。サラリーマンの年末調
整の手続き、源泉徴収票の受領と対比して考えれば分かりやすい
でしょう。

サラリーマン時代は源泉徴収で済ませてきた人たちも、退職や年
金受給とともに、確定申告が必要になるという人も多いでしょう。
日本の源泉徴収は戦費調達から始まったと云われていますが、国
民の税金に対する意識が薄くなるという問題を孕んでいます。若
いうちから税金(特に所得税)の仕組みを知っておくことは決し
て無駄なことではありません。

詳細については、日本年金機構、国税庁のサイトなどでご確認く
ださい。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/result.jsp?faq_genre=037
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm


―――――――――――――――――――――――――――――
なお、誤りや指摘事項を発見した場合はお知らせいただけると助
かります。また、最善の注意は払っていますが、無料提供である
以上、本メール及び事務所サイトのみを信じて損害を被った場合
でも、賠償責任には応じかねます。
また、一般向けに作成していますので、細かい要件は省略して書
くこともあります。ご了承ください。
―――――――――――――――――――――――――――――

***************************** 
【業務内容、講師予定】
*****************************
1.業務内容
 ・年金事務所等における年金相談員
 ・中小企業を中心とした労働・社会保険全般の支援業務
 ・選択制確定拠出年金の導入サポート
 ・障害年金手続き代行サポート

2.セミナー講師
  過去の実績は、弊事務所サイトをご覧ください。
  http://www.onosr.jp/セミナー実績/

  【予定】
 ・1月18日(日)奈良県立図書情報館  13:30~15:00
    「年金と税金」
 ・3月 1日(日)奈良県立図書情報館  13:30~15:00
    「マイナンバー制度(仮)」
 ・その後、同館にて数か月に一度は担当予定。
  無料、予約不要です。
 ・これ以外のセミナーについては今のところ予定がありません。


*****************************
以上です。最後までお読みいただきましてありがとうございまし
た。アベノミクスの自民党政権が続き、金持ち優遇と云われる社
会が続きますが、みんなで日本を良くしていきましょう。そのた
めにも健康が第一です。私は、「~ねばならぬ」を手放し、ストレ
スをためないように心がけたいと思います。